成功率100%!凄腕別れさせ屋

ようやくゴールまでたどり着いた

別れ話をしてからどれだけの月日が経過したのかは分かりません。とにかく全然は無しが進まないことに居たいして苛立っていました。私はもう別れたかったんです。これまでの話の結論として、この人と一緒に居ても結婚出来ないし時間の無駄だなって。でも彼は話し合っていると途中から泣き落としにかかってくるんです。私も弱くて、そこでつい情に絆されてしまうんですよね。でもこのままだと延々と進まないので、別れさせ屋に依頼して別れてもらうしかないなって思ったんです。このまま情けに絆されて自分の人生を棒に振ることになってしまっても、誰も責任を取ってくれる訳じゃないんですしね。そう思って別れさせ屋に依頼しました。かなり淡々と話が進んで、最終的に良いのか確認されて。こういった時、いろいろと考えちゃうとダメなんですよね。だからもう思い切って快諾して、しばらくしてからようやく別れと言うゴールまでたどり着けました。後悔は一切していません。

申し訳なさもあるからこそ

大学卒業してから七年付き合った彼女と別れることになりました。浮気とかじゃなく、結婚相手としては違うなって言うか、そもそも相手は結婚をちらつかせるものの、こっちは全然結婚する気はないんです。かといって、女としてこれから下り坂にかかる時期の女性を振るというのも気が引けるし、かといって自分は結婚するつもりもないし。だからかなり迷ったんですけど、別れさせ屋に任せることにしたんです。もうそれ以外の方法がないって言うか、結局彼女の性格はよく分かっているつもりなので、すんなり別れるのは難しいんじゃないかなって思ったんですよね。それなら別れさせ屋の力を借りた方が良いじゃないですか。それで別れさせ屋に任せたんです。すると、もっとどろどろとしたものになるかなって思っていた別れも、むしろ呆気ないくらいでした。これで良かったのかなと思うことがないとは言いませんけど、少なくともトラブルにはならなかったので、それでありなのかなって。